トロフィーと試合の関係

トロフィーと試合には切っても切れない関係が有ります。大会の試合などで優勝すると、必ずと言って良い程にトロフィーが授与されます。トロフィーは優勝した時の記念になるものです。これを飾っておいたりして眺める事で、当時の事を思い出す事が出来る物でもあります。試合の優勝に関わらず誰でも通信販売などを中心に購入が可能です。スポーツごとに10種類以上の商品が有りどれも特徴を捉えていて一目見ただけで何のスポーツの物かすぐに判別出来ます。値段は大きさで違ってきます。良くある細長いタイプ物は2千円位から有ります。スポーツ用の物はサッカーボールや剣道のお面やゴルファーが付いているタイプ物は小さく、コンパクトな商品なので以外と安いです。インテリアにも向いています。飾っておくだけでも目立ちますし、友人やお客さんのが来た時などは話題になりそうです。購入したお店によっては名入れをサービスで無料で行ってくれます。名入れは素人がやるには細かいし技術がいる作業です。普通は技術料などの名目で費用が発生する物ですが、何か買い物をすれば特典として名入れをサービスで行ってくれるので有難いと思います。一生の記念になる物なので大切にしたいものです。

生命体との試合に勝ち残った人間が手にしたトロフィー

トロフィーは名誉が形となって現れたモノである。全ては他者との優劣をつける試合の勝者が勝ちとった結果なのである。これは決して、世間で騒がれているようなイジメや体罰などの理不尽な暴力の結果ではない。そこに生まれる違いは何だろうか。それは簡単な事である。ルールに則った試合に勝ち、名誉あるトロフィーを手に入れたかどうかである。つまりは、世の中にはルールがあり、それを元に人の可能性を最大限に高めた人物こそが最高の人物であるが、そこを目指して努力してきた人物たちもまた、最高の人間であると言えるであろう。対して、イジメや体罰などは定められたルールに則らずに、ただ単に、他者を蔑み、現状の自分を優れていると錯覚させているだけの行為である。動物は常に進化をしてきた。生命が誕生し、地球へ適応する為に変化を遂げてきた。人になるまでに様々な苦難があったであろう。それを乗り越えてきて今がある。今も、これからでさえ、常に困難な事が待ち受けている事であろう。それは人だけでなく、命を持った全てのモノに対して言える事である。人は道を誤れば、無意味に生命を立ちきる力を持っている。しかしながら、それを自覚し、本能を理性で抑える所存を持っている。このような人類に最高のトロフィーを渡したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*