魅力がいっぱいのスペイン開催F1

F1世界選手権のスペインGPは例年5月に開催されます。バルセロナ近郊に建設されたカタロニア・サーキットで行われ、猛暑の中での開催となることも多いのです。まずアジア・オセアニア地域で開幕し、このスペインGPからヨーロッパでの転戦が始まります。このカタロニア・サーキットは全長4,655mで16コーナーのF1コースとなっています。このサーキットはウインターテストやインシーズンテストの開催地でもあるため、馴染み深く、各チームとも豊富なデータを所持しています。また、全チームが大規模なマシンのアップデートを行うことでも知られています。マシンの総合力が試されるサーキットであり、立地的に風向きが不安定になるためマシンのパフォーマンスに及ぶ影響が大きく、高速・中速・低速のコーナーに加えて高低差や長いストレートがあるのが特徴です。

F1のスペインGPの舞台はカタロニア・サーキット

F1はスペインGPからヨーロッパラウンドの戦いが始まるため、各チームが大規模なマシンのアップデートを行うことで知られています。F1チームの大部分が本拠地をヨーロッパに置いているためです。開催はバルセロナ近郊のカタロニア・サーキットで、コースは全長4,655mで66周を時計回りで走ります。3コーナー・4コーナーなどの大きく回り込む長い高速コーナーが特徴で、効率のいい空力性能を持つクルマが有利になると言われています。追い抜きが困難で、コース上の順位変動はそれほどないため、予選が非常に重要になるサーキットです。また、このコースで速ければどのコースでも速いと言われるほどです。このサーキットはシーズン前のテスト走行でも使用されるので、テスト走行時の成績とF1GPでの成績とを比べることでマシンがどれだけ進化したかを推し量ることも楽しみのひとつと言えるでしょう。

F1のスペインGPのサーキットの魅力

F1のスペインGPが開催されるサーキットはバルセロナ近郊にあるカタロニア・サーキットは追い抜きが困難であるため、グリッドの順位が重要となってきます。また、スペインGPの最多優勝チームはフェラーリで、このコースを速く走れるマシンはどのコースでも速く走れると言われているだけに、このスペインGPでのマシンの大規模なアップデートが鍵になるのではないでしょうか。また、高・中・低速のコーナーがうまく混じりあったコースで素早い方向転換の必要性とスタート・フィニッシュの長いストレートがあるサーキットは魅力的です。2018年に全面再舗装され路面がスムーズになったことで、走りやすくなったと言われています。その影響でタイムもアップし、スピードとコーナーテクニックの凄さを見られるF1の魅力を感じることの出来るカタロニア・サーキットでのスペインGPは必見です。